求人の探し方は一つではなく、注目する場所も人によって異なる

物流に求められている

物流員の入れ替わりが激しい

勤めている会社はメーカーになるのですが、デザイナーなどの専門職、営業や事務管理等を任される総合職は毎年の新卒採用でとりあえず求人は間に合っています。にも関わらず流通関係の部署に関しては社員は既にベテランたちばかりになっている環境もあり、どうしても若い人の力としてアルバイト員を雇う訳でですが、これが物凄く頻繁に入れ替わるのが激しいのです。仕事の内容は自分としては軽作業の内容で伝票に書かれている品番の商品を集め、梱包荷造りをする作業です。ただ、ずっと動くわけなので体力を使うと言えば使いますが、難しい仕事内容ではないため私は軽作業捉えています。ただやはり飽きもあるせいか、なかなか長続きしないのが現状で、少し段取りを覚えて来たところで直ぐにやめてしまうので、せっかくの教育時間が少し無駄になってしまったと思うと残念でなりません。

現代における物流というサービス

今の日本にの流通業はとても最先端をいっている環境にもなり、日々色んな物の流通を支えているのは他ならぬ運送業の方達と思っています。運送業の方がいなければ社会の流れが止まる可能性だってあるかもしれません。メーカーにとっても自社の商品を市場に流通させるためにはやはり間に運送業が入ってもらわなければ成り立ちませんし、今各会社でこういった運送業、または物流倉庫業の求人が多いと思います。内容により軽作業の会社もあれば重労働になる会社もあります。自分にとっては持ち運びしない求人内容であれば十分軽作業ではないかと考えていますが、それにしてもこの物流業、各社本当に人員の入れ替わりが激しいという話も聞き、各広告や職業安定所の求人内容でも、物流、倉庫、梱包業が本当に多いと話を聞いて最近強く感じています。

Copyright (c) 2015 求人の探し方は一つではなく、注目する場所も人によって異なる all reserved.