求人の探し方は一つではなく、注目する場所も人によって異なる

丁寧な取り組み

中小企業が就職してもらうために行っている取組

求人倍率が改善したとしても、学生の大企業志向が変わらない場合には、中小企業に就職しようと考える学生は増加してきません。そういった状況になんとか対応するために、中小企業は独自の取り組みを始めています。 就職したいと思わせる魅力を出すために、教育に関する制度を充実しているのです。昔から、就職後に資格を取得するためのサポートを行う中小企業はありましたが、現在では、資格を取得するために学校に行く期間の休暇を保証したり、そのための学費を援助するという取組が進んでいます。 こういった学費援助等の費用負担が生じたとしても、結果的に優秀な学生が就職してくれるのであれば、中小企業側も投資と考えることができるというわけです。

マッチングした中小企業への就職があなたを幸せに?

リーマンショック以降、就職氷河期に見舞われた日本も近年徐々に就職率が回復してきています。しかし、そんな中でも内定がもらえず、就職することが叶わない学生は多く存在します。一体なぜなのでしょう? それは、名の知れた大企業にばかり目がいき、中小企業には関心を持たないといったように勝手にフィルターをかけてしまって自分とマッチングする企業を上手く見つけることができていないからです。マッチングしていない企業への就職は早期の転職・離職にもつながります。人生の大半を占める仕事ですから、幸せに働けるに越したことはありません。中小企業の中には自分のやりたい仕事が任せてもらえるチャンスが多い、大企業よりも従業員数が少ないからこそ社員に対する待遇の質が高いなど中小企業ならではのメリットを持つ企業も少なくありません。「とりあえず大企業に就職すればなんとかなる」といった安易な企業選びは避けましょう。 就職は自分の人生を決める重要な出来事です。幸せな人生を送るためにどうすべきか、その選択肢のなかに大企業だけではなく、中小企業という見落とされがちな選択を加えてみることがあなたの人生に幸せをもたらすかもしれません。

Copyright (c) 2015 求人の探し方は一つではなく、注目する場所も人によって異なる all reserved.